昭和生まれの寿老人

酒好きな老人のつぶやきです。

建築基準法 違法建築物

 ここは広島市東区福田町、この地域は市の都市計画で市街化調整区域に指定されている。主たる目的は法律によって無秩序な開発等を抑制することです。


 建築物は特例を除き厳しく規制されている。にも関わらずプレハブの建物を事務所と
して使用、従来は法の隙間をくぐって基礎がないから建築物にならないと逃げ口上にしていた。しかし、建築基準法ではプレハブの建物であっても一定の規模を超えれば違法建築物である。


使用者である会社名を調べてみたところ、建築関連の企業が多くある。
広島県や広島市に建築関連の業者登録をする企業が、建築物の使用ができない市街化
調整区域の住居表示を使い、入札やゼネコンの受注を受けている。
違法建築物を使用する経営者が告発されれば、本業の業者登録は取消し処分となる事
が予測される。
この地域で事業をされている経営者諸氏は建築基準法を改めて認識されますように。


   


松が明けるとは

 


松の内とは良く耳にしますが、さて、いつからいつまででしょうか。
門松などのお正月飾りを飾っておく機関のこと
松の内の始まりは元旦です。


その期間が終わることを「松が明ける」と言います。
期間は地方によって違いがあります。
関東地方では一月七日
関西地方では一月十五日まで。


松が明けると=松飾り(門松)を外します。
松飾りを外すことを
「松納め」
「松送り」
「「松上り」
「御松払い」などといい、それ以降を
「松明け」といいます。


松が明けると、門松以外に「しめ飾り」も外します。
新年の挨拶は松の内に、年賀状は松の内までと
松の内に行う事が慣例となっています。


「鏡餅」だけは松の内と言われないんです。
鏡餅は神様へのお供えものなので、
神様が家のいるとされる松の内は下げずにお供えしておきます。
それ以降は下げても良いのですが
「鏡開き」をする1月11日までお供えしている家庭が多いようです。


神様にお供えしたものを食べる事は、
神様のパワーを頂けると言い伝えられていますので
無病息災の願いを込めて「鏡開き」をすると良いようです。





この発言には不信感をもつ。

 

正月早々お騒がせ致しますが、どうしても気になる事があり書かせて戴きました。


 広島市議会請願第46号「永田雅紀広島市議会議長不信任とし、議長交代を求めることについて」は、元広島市議会議長によって起案されたものであるが、元議長は現職の議
員である。


元議長のブログ(2018・03・01)には次のような記述が残っている。
「世界の広島」と言われているが、このような市議会では恥ずかしいという声も聞く。
議会で正しい判断ができる「本物の議員」はいないのだろうか。
議員の一員である元議長が「本物の議員」はいないのかとの発言、広島市議会を軽視、発言者を除く市議会議員53名(定数54名)のプライドを踏みにじった。


「本物の議員」がいないとした元議長の発言には正当性は見当たらない。単に市議会議員を見下した発言であった。その発言は非常に重い。


市民に対し市議会議員に「本物はいない」と公言する元議長の某氏は、もはや糸の切れた凧のように目的地を失っている。同僚議員の支援もなく孤立状態、議員としての使命である市政に対する情熱は微塵とも感じ取れない、誠に気の毒とも言える。